低用量ピルにはいろいろと種類があります。一概に低用量ピルと言っても人によって使用目的が異なります。当サイトでは低用量ピルの効果やメカニズムについて詳しくご紹介していきます。

色々な薬
  • ホーム
  • ピルの副作用にある体重増加の原因は?

ピルの副作用にある体重増加の原因は?

治療の一環としてピルを処方されて、服用している女性はとても多いです。
しかし、副作用で体重増加してしまうことがあります。
なぜ、体重増加してしまうのか、原因はいくつか考えられます。

ピルを飲み始めると、体がむくみやすくなります。
つまり、水分を体内にたくさん抱え込んでしまうというわけです。
体の水分が増えただけ、体重も重たくなってしまいます。

ピルに含まれているエストロゲンには、腎臓から塩分が排出されるのを抑制する働きがあるために、むくみやすくなります。
塩分が多い食事をする時と同じように、体内の塩分濃度が高くなった分、水分をため込んで塩分濃度を低くしようとするからです。
普段から、むくみやすい人は特に気を付けておかないと、余計にむくんでしまうかもしれません。

そして、脂肪を増やす副作用もあります。
エストロゲンには、脂肪を増やす働きがあるためです。
バストアップする可能性ももちろんありますが、バストだけではなく、他の場所にも脂肪がついてしまうでしょう。
腰回りや足などいろいろな場所が丸くなるかもしれません。

また、ピルを飲み始めると食欲が増します。
この原因は、エストロゲンではなく、ピルに含まれているプロゲストーゲンの影響です。
プロゲストーゲンが持っている男性ホルモン作用によって食欲が増してしまう人もいます。

以上の3点が原因で、体重増加する可能性があります。
普段から塩分の高いものを食べている人なら、いつも以上にむくみやすくなるかもしれません。
脂肪がつきやすいと感じている人も要注意です。
そして、人一倍食欲があると思っている人もそうです。

治療のためにはピルを服用しなくてはならないでしょうから、事前に飲み始めるとどんなことが起こる可能性があるのかを知っておいたほうが良いでしょう。
特に、エストロゲンやプロゲストーゲンという言葉には敏感になったほうが、体重増加が気になっている人は良いかもしれません。
誰もが体重増加するとは限りませんが可能性はあります。

どんな種類のピルでも体重増加は発生する?

では、どんな種類であってもピルを飲めば体重増加するのかというと、決してそういうわけではありません。
いくつもの種類があるために、副作用が気になる人は、医師とよく相談しましょう。
ただし、副作用は飲み始めだけで、体が慣れてくると改善されます。

どうしても副作用が改善されない場合は、他のピルに変えてもらったほうが良いです。
医師に相談すれば、変えてくれるので、遠慮なく気になることは相談してください。
だいたい2ヵ月か3ヵ月くらいすれば副作用が改善されるはずです。

ピルによる男性ホルモン作用は、プロゲストーゲンの種類によっても変わります。
副作用が小さいプロゲストーゲンの種類が違えば食欲が抑えられないことはなくなるでしょう。

エストロゲンの含有量もピルによって違います。
だから、副作用が気になる人は、エストロゲンの含有量が少ないピルに変えてもらえば、むくみや脂肪がつきやすくなるなどの副作用がなくなるはずです。

エストロゲンの含有量が少なく、プロゲストーゲンによる男性ホルモン作用が少ないピルもあります。
すべての副作用が出てしまった人も安心して服用できるので、むくみ、脂肪がつく、食欲増加のすべての症状があっても改善されるでしょう。

女性にとって体重増加は気になることです。
しかし、どうしても治療でピルが必要な場合は飲まないわけにはいきません。
何が原因で体重増加が起こるのかがわかっていますから、気になることがあれば、かかりつけの医師に相談することです。
それほど種類があるとは知らない人も多いピルですが、医者はわかっていますから、自分に合っている種類に変えてもらえます。
我慢し続けることはありません。
しばらく飲んでも副作用が解消されなくても改善できます。

関連記事